タイプ別製品情報

タイプ414

(よりしなやかな製品)

 


主な特徴

タイプ414はタイプ410と同じく抄紙後に高温・高圧でカレンダー加工を施してありますが、タイプ410に比べて、なじみが改善されています。従って電気的・機械的特性はタイプ410と互換性が有る一方、タイプ410では出来ないしぼり加工した部品を、熱成型によって作り易くなっています。図Ⅴ-1は加工品を打ち抜く場合の例ですが、タイプ414は初期引張強さが裂け目横方向に特に強いので、その特性を活かすように加工方向を設定する事が必要です。(タイプ414の原反には機械方向を識別する為の色ラインが付けられています)。


打ち抜き加工
タイプ414標準規格
(公称重量、面積係数は何れも最近製造した標準的な製品の平均値です。)
ゲージ
(mil)
公称厚さ
(mm)

(mm)
長さ
(m)
公称重量
(kg)
面積係数
(g/m2)
7 0.18 914 320 51 175
10 0.25 914 238 54 248
12 0.30 914 183 51 305
15 0.38 914 155 55 390


機械的特性

タイプ414の標準的機械特性を表Ⅴ-1に示します。機械特性の温度依存性はタイプ410とほぼ同等で、相対湿度(水分含有量)依存性は表Ⅴ-2に示すとおりです。水分含有量が高くなると、伸び率同様引裂強さも向上します。

資料ダウンロード(会員様用)
お問い合わせ:

〒100-6111
東京都千代田区永田町 2丁目11番1号 山王パークタワー
Tel: 03-5521-2800