タイプ別製品情報

タイプ356

(中間的な特性/中密度の製品)

 


主な特徴

タイプ410とタイプ411の中間的な特性を有する中密度の製品です。

タイプ410と比較して密度が低いため、同厚みのタイプ410よりも単位面積あたりの重量が軽い製品で、UL規格で220°Cでの連続使用が認められております。

カレンダー加工を施した製品ですので、タイプ411よりも高い機械的強度を有します。

タイプ356には製品の識別のために紫色のラインが付けられています。


お問い合わせ:

〒100-6111
東京都千代田区永田町 2丁目11番1号 山王パークタワー
Tel: 03-5521-2800